母のいない庭

124_20180421_4215.jpg4月21日(土)





130_20180421_4249.jpg





160_20180421_4241.jpg

この日、母の四十九日の法要と納骨を無事に終える事ができました。
その後は実家に向かい、庭のお花を観て歩きます。



150_20180421_4243.jpg枝垂れ桜も満開




171_20180421_4221.jpg桜草も咲きだし




129_20180421_4216.jpg

3月3日に訪ねた時、ほんの少し咲き始めていた福寿草が今や満開です。

あの日タブレットで写した福寿草を見せたら、
「もぅ何にも見えないよ。」と言ってたけど、今はどぅ?高い所からよく見えてる?




068_20180421_4202.jpg鈴蘭の葉の間にちりばめられた可愛いスミレ
鈴蘭はもう少し先のようです




167_20180421_4220.jpg
カタクリ




173_20180421_4222.jpg

母が丹精込めて何年も育て上げた庭には、
様々な春のお花が一斉に咲き乱れていました。

今年は花の咲きだしが早いので、水仙もチューリップも終わっているだろうと諦めていましたが、
どうしてどうして、今が盛りと庭中に咲き誇っていましたよ・・・待っていてくれたのかな。



133_20180421_4245.jpg





105_20180421_4247.jpg
チューリップ

昨年の秋に植えたチューリップが咲いていました。

この時96歳だった母が庭を這うようにして、
頑張って頑張って植えたんだろうなぁと思うと、編集をしながら涙が出ました。



119_20180421_4248.jpgボケ


3月8日に母が亡くなって以来、私の中の花暦が止まってしまい、捲れなくなっていました。
桜を観る気になれなかった春は初めてで、こんな事もあるのかと我ながら驚いています。

2013年5月にブログを始めて、この4月でちょうど5年が経ちますが、
スポンサーサイトが出たのも初めてです(^.^;

留守中の訪問ありがとうございました。
大変ご心配をおかけ致しましたが、母の庭を再スタートにして、
またボチボチ続けていけたらと思います。
これからも、どうぞ宜しくお願い申し上げますm(__)m
スポンサーサイト

故郷の空を仰ぐ~3

035_20180303_4172.jpg撮影:3月3日(土) 群馬県





073_20180303_4177.jpg
姉と二人で帰省しました。
駅まで迎えに来てくれた実家の兄と、その近くに住む長姉と四人で父のお墓参りをしました。

母に会う前に、田舎の同級生のお兄さんが営むイチゴ農家さんへ。



071_20180303_4176.jpg

綺麗なイチゴのハウス。
所々に植えられているニラは虫よけだとか。



076_20180303_4178.jpg

この苺、大きくてメチャクチャ甘いです。
リピーターさんの注文も多いようですよ。



063_20180303_4174.jpgハウスの裏から見える山並み




065_20180303_4175.jpg岩櫃山
大河ドラマ「真田丸」のオープニングに出てきた山ですね。
二年前のGWには、兄や姉たちと頑張って登ってみました。
鎖場や梯子もあって、怖かったです(^.^;

背景の雪山は「野反湖」方面だとか・・・それにしても素晴らしい眺め!



119_20180303_4181.jpg母の庭のコブシ





126_20180303_4182.jpg大きな木です、時期に咲きだすでしょう。





093_20180303_4179.jpg

庭に福寿草が咲いていたので、タブレットで撮影して母に見せてあげたら、
「もぅ、よく見えない。」と言われました。

耳はまったく聞こえないし、目も見えない、
美味しい苺もようやく一口食べただけ。



106_20180303_4180.jpg





097_20180303_4184.jpgいつもの裏山

日が暮れる前に、兄の運転で山を下りました。



134_20180303_4183.jpg


帰り道がこんなに淋しいとは・・・姉と一緒でよかった。
ごめんなさい、しんみりしちゃったね~。大丈夫ですよ^^

故郷の空を仰ぐ~2

035_20180210_4126.jpg撮影:2月10日(土) 群馬県





039_20180210_4133.jpg先日噴火した草津白根山方面




050_20180210_4127.jpg


今年3回目の帰省です。


061_20180210_4128.jpg





071_20180210_4129.jpg





084_20180210_4132.jpg

母の部屋に介護用ベッドが届き、お世話が少し楽になったようです。

昼も夜もうつらうつらと寝ている母ですが、
お土産に持って行ったプリンと、紅白の道明寺を口に運んであげると、
パクパクと美味しそうに食べてくれました。




097_20180210_4131.jpg





101_20180210_4130.jpg

暖かい春が待ち遠しいですね。
お義姉さん、甥っ子のお嫁さんに母の事をお願いして山を下りました。。

春を待つ母の庭

002_20180120_4109.jpg撮影:1月20日(土) 群馬県





006_20180120_4110.jpg夕方、実家の裏山からの風景

先週の土曜日の記事です。

お正月の帰省から自宅に戻って数日経ったある日、母が風邪を引いて熱を出し、
その後は寝たきりになって起きられないという知らせが。

今度は近くに住む姉と一緒に、電車に乗ってまた会いに行ってきました。



040_20180120_4112.jpgコブシ

母の庭を少しだけ撮ってみました。
大きなコブシの木が沢山の花芽を付けています。




057_20180120_4115.jpgクレマチス






061_20180120_4116.jpgツツジ





059_20180120_4114.jpgユリ

母は寝床で横になったまま、言いました。

「長い長い人生だったよ。」
「とうとう起き上がることも、歩く事もできなくなっちゃったよ。」

「娘五人が皆いい子で、幸せだったよ。」


なんかもぅ、死んじゃうみたいな言い方...やめてよネ。

でもって仕舞いには、
「年金手帳が引出しの二番目にあるから、死んだら役所に持って行ってくれ。」...だって( ̄_ ̄|||)



051_20180120_4113.jpgナンテン





048_20180120_4118.jpg

春を待つ庭で唯一赤い↑の南天と、母が可愛がっていた氷の下の金魚です。


この後の月曜日に大雪が降って、ノーマルタイヤの私は会社に暫く車を停めっぱなしでした。
金曜日にようやく乗って帰れました。
その間は、会社の若者達に送迎をして頂いたりして、大変な迷惑をかけていました。

おかげで風邪は引くわ、何故だか体重は増えるわで、とんだ災難!

でもって、また今週の木曜日頃に雪予報が...もぅ、勘弁してくれぇ~。



035_20180120_4111.jpg


今頃はこの庭も一面真っ白で、だいぶ冷え込んでいるだろうなぁ...。

昨年の秋に、母が頑張って植えたチューリップの球根、
春になって綺麗に咲いたら、写真におさめたいです。。

故郷の空を仰ぐ

161_20180104_4089.jpg1月4日(木)撮影:群馬県




150_20180104_4087.jpg

実家にたどり着いてから周辺を少し散策しました。



153_20180104_4092.jpg





149_20180104_4088.jpg新潟方面の山並み

手前の落葉松林が、すっかりはげ山になってしまった。





157_20180104_4091.jpg

このお正月で98歳になった母は、寒いせいか布団に潜り込んだままでした。

「長生きし過ぎたよ。」
「だからって死ぬに死ねないし、100まで生きたりして。」

少し前なら、
「いくつ泊まっていくん?」 「もぅ一つ泊まってけば?」
なんて言ってたのに、今回は日帰りで帰ると聞いても何も言わなかった。

会うたびに小さくなっていく・・・仕方ないよね、98だもんね。


170_20180104_4090.jpg裏山から


母にサヨナラして山を下り、暗くなる前にまた各駅列車で家路につきました。。
プロフィール

らこさ

Author:らこさ
写真日記を綴ってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック