FC2ブログ

岩櫃山登山~その1

DSC_9529_20160503_971.jpg5月3日(火) 岩櫃山登山道





DSC_9546_20160503_974.jpg

麓の宿から兄弟姉妹9人でぞろぞろ歩いて、「平沢登山口」から登り始めました。
暫く進むと木の階段が・・・この上に「岩櫃城本丸跡」があります。




DSC_9552_20160503_973.jpg






DSC_9562_20160503_972.jpg

ここで標高502m

この山城は南北朝時代に「吾妻太郎行盛」によって築城され、
1563年に武田信玄による上州侵略の為、家臣だった真田幸隆が岩櫃城攻略を命じられ、
吾妻氏は落城に追い込まれたそうです。



DSC_9568_20160503_975.jpg


真田昌行の息子信幸と信繁が、少年時代をこの城で過ごしたと言われています。

その後は幾多のドラマがあって、
1615年 徳川家康が発した「一国一城令」によって、四百余年の歴史の幕を閉じたという事です。



DSC_9581_20160503_976.jpg

そんな真田家ゆかりの場所を後にして、ジジババが隊列を組んで先に進みます^^





DSC_9588_20160503_960.jpg山ツツジがすごく奇麗でした





DSC_9607_20160503_977.jpg


さて4人の姉たちと二人の義兄が此処でリタイアです。
実家の長兄と、もう一人の義兄と私の3人で上を目指して進むことに。



DSC_9613_20160503_978.jpg


あ!そうそう。
とにかく画像が多いので、さらさらーっと流して下さいね^^

とりあえず、写した順に載せましたので。


DSC_9623_20160503_979.jpg






DSC_9640_20160503_980.jpg






DSC_9646_20160503_981.jpg







DSC_9655_20160503_982.jpg







DSC_9671_20160503_987.jpg


上から下りて来た方に「頂上はこの直ぐ上ですか?」と尋ねたら、
「まだ此処は6合目ですから、もう少し登らないとですね。」と言われて愕然。

しかも此処から更に傾斜がきつくなります。
岩場で首から下げた一眼レフが壊れないかと、心配しながら登りました(^^;;




DSC_9678_20160503_988.jpg





DSC_9693_20160503_989.jpg

もぅ、「ひぇ~。。」ですよ。




DSC_9695_20160503_990.jpg






DSC_9704_20160503_991.jpg






DSC_9709_20160503_992.jpg「あ、空が見えてきた!」


岩櫃山の登山、もう一回つづけます。。
スポンサーサイト



プロフィール

らこさ

Author:らこさ
写真日記を綴ってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック