南禅寺~琵琶湖疏水

160_20170303_2892.jpg3月3日(金) 南禅寺山門
京都3日目です。





010_20170303_2879.jpg地下鉄東西線の「蹴上駅」から歩いて南禅寺に向かう途中。
美しい竹塀。




020_20170303_2880.jpgやがて目に飛び込んできた立派な山門に圧倒されます!




033_20170303_2881.jpgぶっ太い柱!
もみじの木が多く、新緑や紅葉はどんなだろう・・・。





046_20170303_2882.jpg法堂
京都市左京区南禅寺福地町にある、臨済宗南禅寺派大本山の寺院である南禅寺



057_20170303_2883.jpg法堂の天井画





067_20170303_2884.jpg疏水
琵琶湖から京都市内に向けて引かれた水路があります。
今回の旅行で訪ねたかった場所の一つです。



077_20170303_2885.jpg少し高いところから





090_20170303_2886.jpg




100_20170303_2895.jpg南禅院




117_20170303_2894.jpg
南禅院の池泉回遊式庭園をぐるりと歩いてみました。
早い時間に着いたので、まだ人出も少なかったせいか・・・心静まるこの感じ、いいなぁ。。



131_20170303_2888.jpg





137_20170303_2890.jpg再び疏水に戻って





146_20170303_2889.jpg
TVドラマでよく見る風景^^





162_20170303_2891.jpg南禅寺の山門は別名「天下竜門」とも呼ばれ、上層を「五鳳楼」と呼び、日本三大門の一つに数えられるそうです。
☆ちなみに日本三大門は、南禅寺 知恩院 山梨県の久遠寺



164_20170303_2893.jpg


私は此処で、竹の印鑑を自分のお土産に買いましたよ~(*^^)v
さてさて、南禅寺を後にした娘と二人、この後は祇園へと向かいました。。

春の花

115_20170312_2953.jpg3月12日(日) マンサク





135_20170312_2954.jpgマンサク畑がありました





148_20170312_2952.jpg





063_20170312_2961.jpg

京都の記事の間に、日曜日の散歩で撮った花の写真をはさみます。



056_20170312_2960.jpgホトケノザ





20170312 1-031ゴイサギ ※トリミングしてます

鳥の名前は通りかかった方が教えてくれました。
調べると夜行性だそうです、寝ているのかしらね?



201703121-034.jpg
取って付けたよう様な背中の黒い羽も撮りましょう^^





166_20170312_2955.jpgヒメオドリコソウ





155_20170312_2958.jpg
ナズナ




171_20170312_2957.jpgタネツケバナの群生





153_20170312_2959.jpgタネツケバナ





170_20170312_2956.jpg梅ももぅ終わりですね



日曜日の散歩写真。春がやってきましたね~。
次はまた京都写真に戻ります。。

nionさんと琵琶湖で

179_20170302_2869.jpg3月2日(木) 滋賀県 琵琶湖 なぎさ公園





172_20170302_2867.jpg





176_20170302_2878.jpg
日吉大社の次に案内していただいたのは、nionさんのフィールドの琵琶湖。

nionさんの記事はこちら

浜の落とし物と菜の花


198_20170302_2873.jpg
いつもブログで拝見している琵琶湖を不思議な気持ちで撮っていました。




189_20170302_2870.jpg
浜には立派な松の木林があり、nionさんと娘は大きな松ぼっくりを拾っていましたよ~(^-^)




169_20170302_2877.jpg
琵琶湖に浮かぶ沖島。
近江八幡市に属する沖島は、人口約350人、小学校もあるそうです。



192_20170302_2871.jpg





194_20170302_2872.jpg水際の立柳




209_20170302_2874.jpg
第一なぎさ公園
菜の花が咲く場所にも、わざわざ立ち寄って下さいました。




228_20170302_2876.jpg魞漁(エリ漁)の魞
琵琶湖の伝統的な漁だそうです。後方は比良山系。

魚が入ると書いて「エリ」と読むのですね、ほぅ~・・・大漁な感じがする(^-^)


215_20170302_2875.jpg

nionさんと比叡山日吉大社から琵琶湖へ。

本当はもっともっと、ゆっくりお話しがしたかったです。
nionさーん、車の運転お疲れ様でした。おかげさまでとっても良い旅の思い出となりました。
忘れませんよ~。ありがとうございました。。

日吉大社

004_20170302_2849.jpg3月2日(木) 京都駅 湖西線
京都旅行2日目、今回二人目のブロガーさんとのお約束で向かった先は・・・。




037_20170302_2852.jpg比叡山日吉大社
湖西線の「比叡山坂本駅」に車で迎えに来て下さったのは、
「水の森」 のnionさん。




024_20170302_2851.jpg





022_20170302_2850.jpg

初対面のnionさんと・・・何とも気恥ずかしい感じがして。
駐車場に車を停めた後は、娘を挟んで3人・・・写真を撮りながら歩き出しました。



053_20170302_2853.jpg





098_20170302_2857.jpg
日吉大社は全国に約2,000社ある日吉・日枝・山王神社の総本社だそうです。





063_20170302_2854.jpg
杉の大木やもみじの木が多く、新緑も秋の紅葉も見事でしょうね。




048_20170302_2865.jpg

比叡山から湧き出た水が社殿の間を流れ続けます。
その水は杉の木の根本を這い、参道の穴太積みの石垣の脇を通り、ずっと琵琶湖まで続いています。


この時の事をnionさんも記事にしていらっしゃいます。

パワースポット



077_20170302_2855.jpg





092_20170302_2856.jpg





105_20170302_2859.jpg
日吉大社を後にちょっと歩いてみましょう





108_20170302_2866.jpg穴太積みの石垣と苔





148_20170302_2863.jpg

穴太衆(あのうしゅう)による穴太積み

延暦寺と日吉大社の門前町・坂本の近郊の出身で、古墳築造などを行っていた石工の末裔であるという。寺院の石工を任されていたが、高い技術を買われて、安土城の石垣を施工したことで、織田信長や豊臣秀吉らによって城郭の石垣構築にも携わるようになった。それ以降は江戸時代初頭に到るまでに多くの城の石垣が穴太衆の指揮のもとで作られた。

nionさんが教えて下さったけど、帰ってきたらすっかり忘れていたので
Wikiでもう一度調べましたよ(^^;


126_20170302_2860.jpg律院の紅梅





130_20170302_2861.jpg律院の白梅





141_20170302_2862.jpg坂道から望む琵琶湖
道の両脇に植えられた桜が咲く頃は、素晴らしい眺めなんだろうなぁ(^-^)





159_20170302_2864.jpg鳥南蛮

お昼は美味しいお蕎麦屋さんに案内されて、3人でおんなじお蕎麦をいただきましたよ~(^-^)
そしてこの後はnionさんの運転する車で琵琶湖へと向かいました・・・つづく。

京料理ですよ~♪

159_20170301_2839.jpg3月1日(水)





1-126_20170301_2848.jpg

初日の夜、京都駅で待ち合わせした方は・・・。
Mと気ままにphoto blog のredmugさんです。


redmugさんがご案内して下さった「いはら田」で、
先ずは「かんぱぁ~い!」


京の創作懐石料理、出てきた順に載せていきますね。


128_20170301_2822.jpg先附から 
緑のはアスパラのジュレ、その上のつぶつぶはオリーブオイルですと。




135_20170301_2824.jpg底にはサワラのタタキ





132_20170301_2823.jpg椀物
蛤の出汁のみのお味、これ美味しい!





136_20170301_2825.jpg紋甲イカと雲丹 
わさびと海苔の塩味でいただきます。





139_20170301_2827.jpgマグロ
わさびの横の黄色いペースト、何と何を練ってるって言ってたかなぁ・・・忘れちゃったよ。
普段はお刺身といったらお醤油ですが、こちらのお料理でお醤油を使うことはありませんでした。




173_20170301_2844.jpg
帯のセンタークロス

美しいテーブルフォトを撮られるredmugさんの前で、
へたっぴ写真を恥ずかしげもなく、パシャパシャ・・・ま、いっか(^^;



1-141_20170301_2828.jpgホタルイカ大好きです^^
中のおこわの固さもほど良く美味しい!




146_20170301_2837.jpg八寸
カラスミって、初めて食べました(^^;


一つ一つの食材にこだわり丁寧に作り込まれたお料理は、
器も食材も彩りも豊か、四季感のあるお花がそれぞれに添えられていて、
目で見て、舌で味わって、写真を撮って、何度も楽しめるお料理です。




153_20170301_2838.jpg

上にのっているのは魚の鱗を素揚げしたパリパリのお煎餅。

しかし白身のお魚の名前が出てこない。
運ばれるたびに説明をして下さるのですが覚えていられない・・・お品書きが欲しい(^^;



160_20170301_2840.jpgこっぺ蟹とトリガイ・・・あとなんだっけ?
透明なのはトマトのジュレ。
緑はスナップエンドウ、小さな赤いマイクロトマト。

こちらが出てきたときは、最初デザートかと思いました。



162_20170301_2841.jpg
???
タケノコ?




164_20170301_2835.jpg
タケノコとめちゃ厚切りのアワビ。

勿体ないなぁと思ったのは、この頃すでに満腹状態。
残念ながら下に敷かれていた海藻?のような物を残してしまいました。
もっとお腹が空いている時にいただきたかった一品です。



168_20170301_2842.jpg
しらすと蕗の薹のふりかけ
とうとう食べきれなくて、持ち帰り用に包んでいただきましたよ~(^^;



1-174_20170301_2846.jpg
デコポンのシャーベットに苺(アワユキ)

こういうのは別腹。
シャーベットなのにしっとり・・・デコポンの香りがホワァ~ンと広がって、たまらないお味!(≧∇≦)


もうですよ、普段から粗食の私たち親子がですね、
京都旅行初日に、しかも初めてお会いする方にこんな素晴らしいお料理をご馳走になってよいのかしら・・・??

お忙しい中、時間を作って下さったredmugさん。今、思い返しても只只恐縮してしまいます。
本当に本当にありがとうございました。楽しかったですよ~、美味しかったですよ~(^-^)



177_20170301_2847.jpg

勢いづいて、二件目も連れて行って下さいましたが、
結構酔っぱらっていたのと店内が暗いのとで、写真はこちらの蝋燭の灯り一枚だけでした(^^;

しょっぱなから贅沢三昧の楽しい旅が始まりましたよ~・・・つづく。。
プロフィール

らこさ

Author:らこさ
写真日記を綴ってます。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック